スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリチャン診察2回目

 トリチャンは、いつでもエネルギーに満ちあふれていてよくしゃべる元気な子なんですが、肉付きがよくないのが悩みの種です。あ、こないだの診察で血液検査でいわれたことを書き忘れてました。肝臓の値が少し良くなかったので、それに対応する薬も入れてもらってたのでした。

 そして、今日二回目の診察に行ってきました。前よりはましだけど、やっぱり消化不良とのこと。画像わたしも見せてもらいましたが、でんぷん質がまだ50%ぐらいあるとのこと。その消化不良の原因が何なのかわからないので、可能性としては「消化酵素が出ない」のではないかというわけで、消化酵素を処方してもらいました。

 エレンタールはおいしく食べているので、食べるだけ与えてもよいとおっしゃっていました。しばらく常用にするとか?などともw

 胸の筋肉に関しては、やはり飛ぶようにしつけたほうがよかったのかなぁ……。飛ぶ子はもっと肉がつくそうです。先生は、いまの(クリップしてある)状況でも、筋肉がついてる子なら飛べると見込んでるようで、できれば飛ばして運動させて肉付きをよくしていけたらという考えのようです。

 クリップしているのには理由があるけれど、クリアできないこともないはずなので、トリチャンに関してだけ飛ぶ訓練をしたほうがいいのかも……。

 体重は、起きがけが153g平均といったところ。約5~10g回復か。

 まだ生活に工夫が必要ぽいです。でもめっちゃ危なそうというラインはクリアできました。この調子でエレンタール食を続けていって、飛ぶようにしていけば、彼はほんとの健康鳥になるかな。

 もりもり食べてね、トリチャン。
スポンサーサイト

深刻な消化不良 [7/4(日)/2010]

 7/4の日曜日、ガリ痩せのトリチャンが水を吐いたので、午前中に病院(今回は夕日丘)につれていったところ、フンの検査で「消化不良」を指摘されました。また、血糖値も足りてませんでした。(ただちょっとローリーだということを忘れられてるフシがあったのが気になるところですがw)

 1年ちょっと前(2009-04-18フォーゲル動物病院にてフンと血液の検査)のときはフンも血液も異常なしと言われていたんですが、体重が増えない原因が判ったという意味では、このような対処法があるということで希望はみえてきたという捉え方もあります。(よね?)

 というわけで、しばらく、通常餌のほかに、エレンタールも与えないといけません。お椀に入れてまぜまぜしてたらちょっとずつ食べてくれて、さらにケージに通常餌とは別の器に入れてみたら、意外と食べてました。味はそんなにイヤでもないようですね。ただ、お湯でとくだけだと思うようには食べてくれないので、時間を区切って、朝と夜にリンゴジュースで溶いてケージに入れると、おいしそうにベロベロして完食してくれますので、その方法でしばらく様子を見ようと思います。(本来は強制給餌ですが、そのまま食べるようならそれでいいとのことです)

 あと、通常餌は、またドライに戻しました。ウェット希望なのかと思ったらそうでもないそぶりを見せていたので…。ほんとはネクロリはウェットで与えるものなんですが。…で、まぁ、ドライに戻したらそれはそれで全部食べてます。

 体重はこまめに一日4回、朝と夜に食べる前と食べた後に計って、手元に記録しておきます。覚え書きとしてこちらのほうにも残しておくかもしれません。少しずつでいいから、体重が増えてくれるといいな。


 あ、そうだ。

 血液検査の結果をまたスキャンして貼付けておかないと。

 今ちょっとテンパッてるのでメモだけしておこう。

p.s.
 キウイのほうでは、伸びすぎていらない子になってたくちばしの先を1cmぐらい切ってもらいました。うまくやってくださったのでショックなどもなく、ちょうどよい長さでキウイ自身も快適そうです。私たちも突き刺されることもなくなってうれしいし。

ウェット食に切り替え

 トリチャンのごはんのお粉、いままで3種類ミックスをドライで与えていたのですが、こんな季節だけどウェットで与えることにしました。というのも、朝ごはんを食べるとき、今までなら粉→水の繰り返しだったのが、ある日突然、水を何口分も含んでおいて粉の入ってる容器に水を吐き出して食べていたからです。正確には、それを目撃したわけではないのですが。吐き出した水は、匂いがなく、さらっとした普通の水で、いわゆる嘔吐のようなかんじでもなかったので、これはもしや…と思い、昨日ウェットにしてやったら、そのまま食べてました。

 だいぶ前にネクロリを導入したときにウェットで食べるようにさせようとしたことがあるんですが、うまくいかなかったのに不思議なもんです。懐かしの味はウェットじゃないと出せないのかなーw

※懐かしの味とは、ベタファームのネクターです。トリチャンがうちに来た頃ちょうど一人餌になるかどうかっていう訓練期で、ペレットとネクターをウェットで与えてたのです。

[追記]今朝ネクターを吐き戻しました…。変な臭いや、つらそうな様子は一切ありませんが。病気なのか、そうでないのかはっきりしません。病院に連れて行くことも考えています。

[追記]やはり心配なので病院につれていきました。報告はまた別記事でします。
プロフィール

ねりえもん

Author:ねりえもん
 元々はうちのコンゴウインコ「キウイ」との訓練の話を記録しておくために開設したブログです。コシジロインコ「トリチャン」の話、キバネインコの「シトリン」の話や、ゲームの話なども書いてます。

●文中に出てくる家族たち
・トノ
(夫=私の神サマ)
・トリチャン
(コシジロインコ♂/享年10歳(約9歳))
・キウイ
(コンゴウインコ♂/今年で8歳)
・シトリン
(キバネインコ♂/今年で2歳)

[written in japanese only]

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。