スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪天候。でも少しだけ散歩。

 昼過ぎ、雨が上がったので、キウイを2F公園まで連れて行きました。ハーネスはトノが装着させたんですが、手こずったものの前回よりは早かったかな。でも、一度ガブられたそうです。

 公園まで降りてみると、遊具もびしょぬれで、さすがに誰もいませんでした。キウイは怯え切った様子でした。小雨が降ってきたので、前回(4/26)並みには居られず。5分~10分ぐらいだったんじゃないかなぁ。

 今回のお散歩はキウイにとってあまり良いお散歩じゃなかったかも。家に帰ってからもまだハァハァして足があっつくなって、私の肩から降りようとはしなかった。相当怖かったんだろうね。しばらくなだめてたんだけど、ケージが一番落ち着くみたいなので、ケージに戻してやりました。

 キウイ、今回はこんなでごめんね……。

「エッ! 何?」な顔。
06-29-2008_1

相変わらずハーネスの中心がズレぎみ。
06-29-2008_2
スポンサーサイト

縄張り崩しを強行すべきかどうか

 ケージの丸洗いをしました。模様替えはしていません。
1kiwi_06-28-2008

 キウイが夜の放鳥タイム(ケージから出てほしいとき)に、素直にステップアップ位置まで出て来てくれなくなってから1ヶ月以上経ちます(5/17からですね)。今のところ、私が投薬セットを持って別室に行き、トノが慌てた様子をすることで、やっとキウイが腕に自分の意志で乗ってくる、というかんじです。

 以前は真っ先に行っていた天井にもあまり行かなくなった。これは縄張り崩しが功を奏していると思うし、これ自体は良いことだと思います。

 ただ、今キウイがケージから素直に出る気になれないのは、一番安心できるのがケージの中で、それ以外のところに行ったときの人間の反応(ステップアップしろと言われる)が嫌だからではないかなと思います。だとすると、縄張り崩しをこれ以上強行したら、キウイはますますどうしていいかわからなくなると思い、縄張り崩しは一時お休みにしています。

 一方で、普段、ケージから出た後は、ステップアップの指示はきいてくれますし、あまり反抗もされなくなりました。おそらく、ケージ外だからこそ、あきらめているのではないかと思います。あまり嫌々やっているようにも見えないのですが、割り切っているというか。

 そう思うと、縄張り崩しはもっと強行したほうが良いかもしれないとも思います。

 どうしたらいいかわかりません。

 ちなみに、この子のケージは特注です。写真は5/6最後に縄張り崩しと意識してケージ内の模様替えをしたときのものですが、見ていただければわかるように、横幅は一般的なコンゴウ用ケージの倍以上あり、また、その他の部分も一回り大きいです。
1kiwi_05052008.jpg

 最初から広いエリアを与えすぎたのかもしれませんが、コンゴウにとってはこれぐらいの広さは必要だと思ったし、今でもやはり、ケージ内で多少の運動ができることや(エサを食べるには移動しなければならないように配置していますし、オモチャも、首をぐいっと伸ばすとか姿勢を変えないと遊べないようにしています)、スプレー水浴びをしても翼がつっかえないこの範囲は、必要最低限だと思っています。

 生活環境によるストレスを少なくしようと心がけた結果、このケージが誕生し、それが彼にとって最も安心できるスペースになったんだろう。ゆえに、それが仇となっている可能性は高い。

 もっと訓練をすれば直るとかいうかんじにも思えないのですが。スタンドからのステップアップ/ダウンはもうほとんど完璧と言える状態になっているし。この、「ケージから出る時の問題」、なんとかしたいのですが、どなたか良い方法思いつきませんか?

p.s.
 メキシコ万年草の件は本当に残念です。

荒らされてます……

4/27。まだ元気だったメキシコ万年草
庭04-27-2008

5/6あたりには、花も満開。
花5-5-2008

  
6/12。悪夢始まる。例のハト夫婦が来てから無惨にも……
荒らされた小庭

  
6/28現在。丸はげ。
無惨な姿になったメキシコ万年草

 巣を移動させたらその巣は捨てられ、別のところで新しい巣を、うちのメキシコ万年草で作っているらしい。毎日来ていたが、一段落したと思ったら、結果、こんなふうに丸はげにされてしまった。

キウイは風呂場が嫌い

 バスルームでの水浴びには4歳になっても慣れてくれません……。でもたまにはしないと、しっぽの先とかガビガビになることもあるので、時々こうして浴槽で水浴びさせてます。(それ以外はスプレーでさせてます)

(嫌~。)
1kiwi_06-26-2008

(もうこんなもんにしといて? な?)
2kiwi_06-26-2008



 基本的に昨日と同じ、な日々なので、その辺はもう割愛することにした。気になったことがあれば書くことにする。

 今日気になったことは、ちょっと求愛が多めかなってことぐらい。

遅くなってごめんね

 訓練なしで、昨日とほぼ一緒の内容。昼のうちに求愛はされかけたけど、特に目立っていつもとちがうふうでもなかった。おんなじ。ケージから出してからすぐは、ちょっと落ち着かないかんじだったかな。

 今日は私の手指の調子も悪く、書くのもつらいので、こんなかんじで。

メキシコ万年草そんなにエエんかいw

 うーん。今朝も例のドバトが来てたっていう。明らかにうちのメキシコ万年草を狙っている。けっこう持ってかれて、荒らされまくってる……。



■ケージから出るまで/出たときの様子
 昨日と同じ方法で。うーん、トノが「あ、全部ジュース飲まれちゃうよ~。あーーっ!」とか言いだした頃ぐらいに腕に乗ってくるらしいので、ルアー状態なのか、それとも何かが嫌だからそれよりはマシな選択として乗っているのか、なんとも分析し難い。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 リビングのスタンドの上で、私が。

■ながら放鳥
 掃除しながら。PCいじりながら。

■まったりタイム
 いとしのきーうーいー。ひととおりのことはできた。美白いっぱい触ってヒナモードに。ちょと痛いのもあった。

■廊下でのステップアップ訓練
 久々、廊下でやってみた。私とトノ2回ずつ。ちょっとトノのキューには遅れ気味で乗ってくるかんじ。で、最後に連れていくために、(本人にしてみれば5回目、順番的にそうなってしまった)3回目私がキューしたときは、「あれ? いつも4回でしょ? またなんでやらなあかんの?」という顔で、「ボェーーー」と鳴いた。数秒後ちゃんと乗ってくれた。嫌だったのね、ごめんね、キウイ。でもよく頑張りました。えらい。

■求愛されたかどうか
 今日はされてない。



■体重測定
 1.3kg → 1.3kg

 うーん4月5月と1.4kgだったのに、6/22から1.3kgと出ている件、ちょっと気になるなぁ。なんともなければ良いんだけど。

 食べる量は別に減ってるわけでもないし、フンもおかしくないし、フンの量も正常だと思うんだけどね。夏にかけては減るものなのかなぁ?

6/23(月)のキウイ

 さっき聞いたんだけど、日曜にあの例のドバトのペアの片割れがまたウチに来てたらしい(ガクガクブルブル)。どうやら、メキシコ万年草がとても気に入ったようで、巣は別のところにしようとしてるみたいだけど、草だけ取っていきたいとみえる、と。トノはその日のうちに、ハト除けの磁石&テグス棒を設置してくれたそうで、今日は見かけていない。



■求愛されたかどうか
 今日は一度もされなかったな。

■ケージから出るまで/出たときの様子
 釣りにならないようにするには……と四苦八苦するも、やはり最終的に時間がおしてきてたので、昨日と同様の方法で。

 なんで素直に定位置まで出てこんのかなぁ……。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 ベッドルームに置いたスタンドにて、私が。今日は最初のくいつきが良くなかったなぁ。先日の濃いーのに対する警戒か?

■普段のステップアップ&ダウン
 今日は完璧だったね。

 訓練はなしです。

■ながら放鳥
 掃除しながら。洗濯物たたみながら。

■まったりタイム
 今日はあまり上機嫌というわけでもなかったけど、いつものひととおりのことはしたった。ワキもカキカキしたったよ。今日のワキワキはお腹へたーんとしてウットリしてたな。でも、今日はヒナモードにはならなかった。なりかけーの「もう子供じゃないもん。でも……ちょっとイイかもコレ」みたいな複雑な表情がまたカワイイ……。

蒸し暑いねぇ

 ほんっと毎日、蒸し暑いですな……。今日はトノにケージ丸洗い日してもらいました。



■ケージから出るまで/出たときの様子
 昨日と同様

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 ベッドルームに置いたスタンドにて私が与えた。

■リビングでのステップアップ訓練
 私とトノ2回ずつで。私のキュー1度目も2度目も一度反抗されたのち、ok。トノのキューには案外素直(反抗はしてないので)。

■まったりタイム
 いつもどおり。今日は久々に一回、痛いなと思う噛み方をされたので、ばっと身体を広げて脅してから退場、のち、仲直り。

■求愛されたかどうか
 昼、トノがケージ丸洗いしてくれてる間二人きりのときに一度されかけたけど、夜はされなかった。



追記。 昨日のうちに書くのを忘れてた。

■体重測定
 1.3kg~(ここ2ヶ月ぐらい1.4kgだった)
 急に100g減ったというわけではないと思うんだけど、ちょっと気になるね……。でもまぁ、家庭用/人間用の体重計で差分で計算して出してるので、どっちにしてもあまり細かいところまでは正確には出ないんですが。

キウイ、釣られているのか?

 それにしても蒸し暑いわ……。



 昼間、ケージごしにあやしてみると、やはりヒナモードになってくれた。良いように捉えると、段々と心を許してくれるようになってきたってことだろうし、悪く捉えると、発情誘発しないか心配って話になりますね。

 あと夕方ごろに、ちょっと鼻水が出てた。時々こんなことがある。少し拭いてやった。コンゴウはよくクシャミして鼻水出すと聞いたことがあるので、鼻水が出たこと自体はそんなに心配してない。

■求愛されたかどうか
 (トノがまだ帰ってきておらず)私とキウイの二人きりになったときに、空受けモードとでも言いましょうか、受けモードの相手無し版をけっこうやってたのです。それで、すんなりヒナモードになったーと手をやってると、ちょっと吐き戻しが付いてた……。ということで、完全なる1on1は発情を誘発するようなので、やはり、トノも居るときに放鳥したほうがよさそうです。

■トノ居ないとき、ケージを開けた場合の反応
 やはり素直には乗りませんが、別の部屋に行くとステップアップ位置まで昇ってくれた。一回目は拒否されたけど、退場してからもう一度、イスの上からのキューで一発。視線が顔に向いてたので、もしかしたらイス無しでも乗ってくれるモードだったのかもしれない。



■ケージから出るまで/出たときの様子
 事実としては昨日とまったく同様

 しんどいので考察はなし。というか、考えても理解できない境地。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 ベッドルームにスタンドを持ってきて、そこで私が与えた。

■普段のステップアップ&ダウン
 だいぶわかってるんだけど、ちょっとトノのキューを無視ぎみにしてるなーと思うこともある。私のキューは、確実に乗りそうなときしか腕を出さないのでほぼ100%おっけ。

■まったりタイム
 今日はトノもお疲れなので、ソファでいつものようにつるつる、カキカキ、ヒナモードなど、いつもよりちょっと時間は少ないけど、また明日ね。

陰転してひとまずよかった

 キウイのアスペルギルスは陰性になりました。応援してくださったみなさん、ありがとう。キウイ、まだまだ耐えねばならぬ検査があるけれど、これからも一緒に乗り切ろうね。

 (こうして上から見下ろすとまだまだヒナやん。若い若い!)
1kiwi_06-20-2008



■昼間の様子
 ケージごしに上から手をやると、良いタイミングだとヒナモードになる。このところずっとそんなかんじ。ちなみに、薄暗い状態はやめました。カーテンは前みたいに普通に3/4開けていて(1/4閉めているのは、日陰を作るためです)、外が暗くなると部屋の明かりもつけます。

■求愛されたかどうか
 夜一回されかけたけど、完全無視で。チュウだけは軽くお受けしたw



■ケージから出るまで/出たときの様子
 昨日と同じようにしてみたら、すぐトノの腕に乗ってこちらまで来てくれました。

 トノにその時のキウイの様子を訊いてみると、視線はやはり私のほうにいってるらしい。これって、ルアー状態なのかなぁ。すぐ来てくれるのは嬉しいけど、ちゃんとキューで出てきてくれるように持って行ったほうが良いに決まってる。クリッカーとかは根気が続かないので、声や喜びの表現でといっても、これまでもいつも大げさに喜んでみせてるし……。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 陰性になっても投薬はしばらく続けないといけないので。今日は飲みっぷりがよくなかったなぁ。薬ビンの最後のほうだったので濃かったのかしら。私が3/4やって、残りトノがやったかんじ。

■普段のステップアップ&ダウン
 文句なしだねぇ。でもケージから出るときだけは(ry

■ながら放鳥
 掃除しながらソファで私といっしょにまったり(私はぐったり)

■まったりタイム
 ソファで尾までつるつるしたり、ヒナモードにしたったり。このごろは随分ヒナモードになりやすくなって、また、加減も段々とわかってきているようで、最初の日とは全然比べ物に鳴らないぐらいベタベタ感があります。といっても、姿を見たらすぐデレーっとするトリチャンとはまた違うけど。

「あっ。」(視線の先はママン)
2kiwi_06-20-2008

「…………。」(デフォルトの表情)
3kiwi_06-20-2008

「ん?」(相づち打つの巧すぎるキウイ)
4kiwi_06-20-2008

連絡】ひとまずお知らせ

 本日、愛息子(コンゴウインコ)の真菌がひとまず陰性になったことが判明したので、心の余裕がちょっとだけ出てきました。まだスケージュール的にWoW復帰とかまではいかなさそうだし(未定すぎる毎日w)、陰性キープするのも課題なんだけど、またみんなで遊べる日が来ることを願って養生させますんで、ひょっこり戻ってきたときは、またよろしくね~。

やったー! アスペルギルス陰性!

 先程、トノから検査結果のことで連絡がありました。
 キウイのアスペルギルスが陰性になってました!

 感涙……

 病院から横浜の検査機関に依頼してたのですが、4/29から約2ヶ月間、毎朝晩と投薬し続け……そのこと自体は苦労だと思ったことはないけれど、この目でレントゲン見てますから、あの結節の多さから言って、もしかしたら長くは持たないかもしれない、すぐにでも発病するかもしれない、と毎日が不安でした。思ってたよりも短期間で陰性になって、ちょっと驚いてます。

 といっても、陰性になってもまたぶりかえす子も多いらしく、投薬やストレスの少ない生活はまだ続ける必要があるそうです。

 でもでも、ひとまず良かった!
 キウイ、ほんとによくがんばったね!
 病気の不安は完全にぬぐいきれるものでもないし、頑張らないといけないけど、これからも一緒にがんばろう。絶対負けないぞ! トリチャンも応援してくれてるもんね!

キウイ出無精の件、進展か?

 昼間の様子、部屋のあかりなどは、中途半端だろうけど、この日と同様。ケージごしには8割ぐらいの確率でヒナモードになってた。薄暗いと寂しいのだろうか。それとも、そういう時期なのか。



■ケージから出るまで/出たときの様子
 出無精の件、進展か?
 きょうはトノの考えを試そう。ということで、やってみたら大当たり。

1)わたしが投薬セットを持ってベッドルームに行く
2)ケージを開けてやる
3)キウイ、扉上まで来る
4)キューしなくてもトノの腕に乗ってくる

 来たとたんの顔を見ていても、別に不安そうな顔もしていないし、ジュースばかりに目が行ってるわけでもない。うーん。トノの仮説によると、「私とトノが同じ部屋に居る状態」が嫌なんじゃなかろうか? と。それでもきちんと出て来てくれた日も多かったのに、このごろは、それさえも気にかかることとなっているのかもしれない。

 明日からも、わたし別室で待機でやってみようと思う。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 ベッドルームでそのまま与えようとしたけど、TVの面に映り込むキウイ自身の姿が気になって落ち着かないようなので、リビングのスタンドに行ってもらってから、私が与えた。

■普段のステップアップ&ダウン
 よくできてる。特に抵抗することもない。

■ながら放鳥
 掃除しながら、PCいじりながらスタンドに居てもらった。

■求愛されたかどうか
 昼に1度、夜に1度、求愛され*かけた*けど、完全無視で事なきを得た。

■まったりタイム
 ベッドルームに行ったり、トリチャンを見学しに行ったり、ソファーでくつろぎながら、手をキウイのワキにはさまれてみたり、しっぽまでつるつるしたり、カキカキして美白触らせてもらったり。

 よく考えてみると、キウイは放鳥中に変な雄叫びも上げないし、お店の人も言ってたけど、大人しい良い子やね。口数は少ないけど、それぐらいのほうが私たちも助かる。

6/18(水)のキウイ

 以下、トノ代筆のメモをはりつけ。私が眠ってしまい当日中に書けなかったもので……。



今日は、
ままーんの体調がよくなくてねむねむしてたので、
ほとんどこの私、トノがキウイの出し入れ&投薬しました。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 ケージの外から私が与えました。ちゅーっと、おいしそうに飲んでました!

■ケージから出るまで/出たときの様子
 天井にはタオルをかけずにいたら天井に上ってきた。
 ままーんがベッドルームにいることを確認すると、
 ステップアップサインなしでのってきてくれた。

 キウイのケージひきこもり
 これ、もしかしたら、トノとままーんがケージ前にいてるときだけかもしれない。
 なんか、2人にヤキモチやいてるのかなとか。

 こないだ、今回の逆パターンで
 ベッドルームにトノ、ケージからとりだしがままーんでも
 スムーズにでてきたので。(5/15のとき

■まったりタイム
 ベッドルームでままーんの上にのせたり、つるつるしたり。
 でも、ままーんが眠そうだったのを少し心配げにみてたキウイちゃん。
 ままーんが体調不良なので、きょうのまったりタイムは少なめ。


■ステップアップ訓練
 きょうはなし。



 とのことです。……キウイの出し入れってw

記録をつけること自体は楽しいものじゃない

 人生たのしいことばかりじゃない。そんなの当たり前。このブログ、キウイとのより良好な関係づくりのために毎日欠かさず、何をどうして彼がどんなふうだったかを記録していることも楽しいことじゃない。むしろ、最近は苦痛でしかない。他人の目には、そんなこと些細に思えるかもしれないけどね。自分で義務化している上に、誰にも褒めてもらえるわけでもなく、黙々と私ひとりで見えないものと闘っているかのような錯覚に陥ることもある。本質的には、別に何かと闘ってるわけじゃないのにねw 毎日記すと決めたからそうしてるだけ。

 キウイと接すること自体は毎日喜びにあふれているんだけどねぇ。目下、彼の出無精が一ヶ月に渡って続いていて、それがずっと同じであること自体もつらいし(その分、彼と楽しく過ごすことができる時間が少なくなるから)、その状態を毎日書くと再認識せざるを得ないため、同じ事実を書くことがつらくなってるというか。



 記録としては、私たちが何をどうして、彼がどんなふうだったかを書かないと意味がないのだけれど、彼は大雑把に見れば「いつもと同じふう」だし、私たちもあまり急激な変化を起こさない。ここ一ヶ月の動きは、ひとことで言うならそんなもの。

 毎日毎日、微細な変化を同じような文面で書き残すこと自体が、今の私にとっては「良くないこと」のだけど、かといって変化をつけようもなく。事実しか書かないから。4月頃の日記と読み比べてもらうと、5月中盤以降からは特にテンションが低いのだけは誰にも解ってもらえると思うけど、意図しているわけではなく、今は、そんなふうに淡々とこなして書いてるだけ。

 事実としては、動画の情報量には劣るけど、それなりにポイントは押さえて書くようにしているけど、それでも書き足りてない部分は多い。書き忘れもあるし、あえて書く間でもないと判断して書かなかったりね。キウイのリアクションで気になったことがあれば書くけど、普通の様子のときは書かないとか。

 キウイの反応は「○○」と思ってそうな顔に見えた、とか、うーんまぁ表現力うっすいなと自分でも思うけど、そんなふうにしか書けないなぁ。書くこと自体に工夫しようって気もあまり無いし。読み物として書いてるわけでもないから、作文調でいいやって思う。あと、なんていうか、彼の表情を私たちが読み取れてないというより、「それがデフォルト」っていう表情のほうが多く、そうでないなら、求愛してるか、喜んでいる、興奮してる、甘えているかの顔が多く、大雑把に言えば、せいぜいそんなものなのです。以前は、明らかに嫉妬してる顔、とか、怯え切ってる顔とかネガティブな表情もけっこうあったんですが、今はポジティブが目立ってるので。



 彼は、このたった二ヶ月の間に、私たちが彼に何を求めているかを理解しはじめ、彼も私たちに要求しても構わないことがあるのを知った。

 彼はステップアップ訓練自体の要領はつかめていて、おそらく今は苦でも何でもなく、キューに従うこと、人の腕に乗って移動することを(基本的に)当たり前のことのように受け入れてくれている。

 実際、ケージから一旦出てしまえば、彼と衝突することはまず無くなった。それは、彼がちゃんと指示をきいてくれるからだし、彼は指示をきけば無意味で嫌な時間を過ごさなくて良いことを知ったからそうしてくれるのだと思う。その延長で、ガブ噛みもだいぶ減った。甘えることもできるようになった。言葉もたくさん覚えるし、よく使う。

 本当にこの子は良い子なんだなぁと思う。



 今のところ、ケージからステップアップ可能位置まで自発的に出て来てくれないこと自体は、考えても試行錯誤してもどうにもなってない。今後どうなるかは想像もつかない。延々と出無精のままかもしれないし、また自発的に出て来てくれるようになるかもしれない。

 彼が、トノにオンリーワン状態になってた時期から思えば、今は本当に私にもよくなついてくれて、しあわせだと思う。

 それだけでも良い。今のままで全然良い。って、心の底から思いたい。

 なのに、毎日事実を記していくと、何故だか、このことがものすごく問題があるように感じられてくる。また、そのように認識してしまう私自身が考え疲れているんだろうし、(それが問題行動であるか否かの)認識の歪みが若干あると自覚できるので、わたしは私を記録する者としては適していないとも思っている。かといって、これ以上トノに負担を強いるのはかわいそうなので、私がつけ続けるしかないのですが。

 事実自体の認識は別におかしくはないです。本当にあったことしか書いてない。ただ、感じ方が多少なにか過敏になっているのかもしれません。体調や、季節柄かもしれませんね。あと、理想と現実の狭間の葛藤かなw ケージを開けたら5分以内に出て来てくれたらなぁ、と願ってしまいます。きっとできるようになるっていうか、そんな日もあったじゃない? と。

 基本的に鳥以外のことは書かないけど、とにかく、まぁ、今はちょっとつらい時期です。なんとか乗りきりたいですね。

 しかし、キウイは何故出たくないのかをきっと訴えてるはずで、私たちがサインを見過ごしている気がしてならない……



 と、キウイのことばかり書いてますが、トリチャンは本当にわかりやすい性格でコントロールしやすい上に、毎日の感情の変化がわかりやすい。ケージから出るときも戻るときも、何の障害もない。最近はトノにご執心(ナンバーワン認定)なので、私にはお義理で甘えてくれるだけになってしまったけど、それでも、甘えてくれる、「あっちもこっちも」というマルチタスク型の社交性(悪く言えば八方美人?)が、トリチャンの最高に良いところです。剛毅で快活、人が大好きで、ちょっと何かあっても後を引かないさっぱりした性格。激しい遊びが大好きで、時々ついていけないこともありますが、この子は心からこのままでいて欲しいな、と思います。

 あ、保定だけはもうちょっと練習させてw (実はまだ完全なる保定はできないのです。まぁなんとか爪切りはこなせてますけど)

ヒナモード多め

 キウイがどうして素直にケージ外に出たがらないのか理解できない。一般的にはふつうケージに入ってもらうときに苦労してる方が多いと思うのだけど、うちはまったく逆。そんなにケージ内が安心できて最高なの? 私たちとケージ外ならではの遊びをするのはつまらない? きれいにつるつるするの、自分ではできないのに。

 考えすぎてるつもりはないものの、毎日、彼が出てこない件について詳細に事実を書くのも苦痛になってきた。



■昼間の様子
 昨日同様ですが、今日はケージごしにヒナモードになりました。

■部屋のあかりなど
 昨日同様。



■ケージから出るまで/出たときの様子
 天井のタオルをかけずに扉を開けました。やはり出る気はないらしく、しばらく待ってみたものの、ステップアップ可能なポジションまで出てこない。

 目の前で抱き合ってみたり、やきもち誘発作戦もしてみましたけど、特にそんなにやきもち焼くわけでもなく、ふつーにケージの中から眺めてたかんじです。やきもち作戦はモチベーションとしては無効のようです。

 途中でジュース混ぜて投薬&リンゴ。トリチャンにもね。今日のリンゴはまずかったらしく、ショリッ、ショリッ、ポイッとされました。このときは扉上まで来てくれてたんだけど。口が蜜でべたっとするので、お椀に水を入れてもってきたときもちょうど良い位置に居てくれたんだけど、いざキューすると無視。そこから、天井のほうに渡ってしまった。

 結局、私がしびれを切らして作業部屋に行くと、トノを足場にしてこちらに来ようとしたようで。「ママーン!」という顔で、すぐにこちらに来た。かわいいのう。

 しかし。なんでだろうな。もう毎日書いてるけどわからん。いつもねぇ、奥に行ってこちらを向いてるとき、表情が読み取れないというか、何を抵抗しているのか、あるいは、どうしてやれば、彼が出やすい(意志を決めやすい)ようになるか、ちっともわからんのよ。

■リビングでのステップアップ訓練
 トノと私、各々2回ずつ。トノのキューを無視しがち。あと、私のキューは聞いてくれるけど、今日は何故かほとんど肩の上に行ってしまった。発情しているわけでもないし、怖がってるわけでもないと思ったんだけど。

■ながら放鳥
 掃除したり、PCいじりながらスタンドに居てもらったり。

■まったりタイム
 今日は(日中も含めて)やたらにヒナモードになりがちでした。トノの帰りが遅かったから寂しかったのかなぁ。余裕のあるヒナモードではなく、ちょっと痛めのヒナモード。もっと何かしてほしかったのかもしれないけど、時間の余裕もなく、そこそこのところでケージに帰ってもらいました。

■求愛されたかどうか
 今日はされてない。

キウイ出無精1ヶ月越え

 うーん。相変わらず引きこもりというか出無精の原因がわからないわ。案外、私が根本的に出無精だったり、引きこもりがちなことがそのまま影響してたりして……。今、精神的にもきついし、キウイも同じ心境(トノ~早く帰ってきて~!っていうかんじ)なのかも。一家全員、トノに頼りっぱなし。



■昼間の様子
 ほんの時々、さらっとケージごしにナデナデ。嬉しそうにしてた。あとは、熱心にハンドトイで遊んでたようです。ほかは時々トリチャンと言葉のやりとりしてたぐらいで、いつもどおりというかんじ。

■部屋のあかりなど
 14時ごろまでカーテン閉めきり。キウイの居るところはけっこう暗めだけど、部屋の中自体は、明るい部分もあるという状態。同じ部屋にトリチャンが居て、バイタライト当ててるから。16時ごろにカーテン半分開けて西日を少し受けるかたちに。適当に閉じて、21時前までけっこう暗め、以降、人間との生活があるので部屋のあかり自体を点灯。



■投薬(ジュースを混ぜてます)
 流れの都合で、ケージの止まり木の上で私が与えました。

■ケージから出るまで/出たときの様子
 今日は、私が靴下ボールでヒャッホイして見せて、キウイが遊びたくなって扉上まで来たところで、デフォルト位置・一回目のキューでステップアップ成功。

 うーん。昨日ほどスムーズではなかったし、今日のキウイも基本的に出る気なしモードだったように見えます。天井のタオルを外しても、むやみに天井に行く気もなく、そこはしっかり縄張り崩しの効果なんだと思うのです。単純に、「あまのじゃく」してるだけかもしれないけど、最初の頃は私たちのそれまでの扱いが良くなかったせいで、キウイがどうしていいかわからない状態だったからステップアップできなかっただけなんだけど、今度のもそうなのかなぁ? どうしていいかわからんので、今日も靴下ボールでルアー状態になってしまったのですが……。

■リビングでのステップアップ訓練
 ケージが見えているリビングで。私2回、トノ3回。すべて順調。かしこーい。キウイも「いつものアレか?」というか解ってるよっていう顔してたし。っていうか、キューする前から片足上げてたり……。

■求愛されたかどうか
 エグエグなりかけっていうシチュエーションが一回。トノの肩の上でまったりしてるときに、私が「いないいないばぁ」(隠れては、「チラッ」か「ゔぁ~」を言うだけ)をしてると、急に顔色変えて「あーくーしゅ?」が始まって。慌てて視線を外してしばらく無視しといたら未遂に終わった、という。

■ながら放鳥/まったりタイム
 途中で、トノが一旦外出したので、キウイは怖がって神経ピーンとしてた気がします。この時点ではまったりできず。キウイを腕に乗せて、やさしく声をかけながら、いっしょにじーっとしてトノが帰ってくるのを待ってました。

 トノが帰ってきてから、掃除したり、リビングのスタンドでおリンゴあげました。トリチャンにもね。それから、PCいじりながら放鳥。&そこでまったりカキカキしたりつるりんとしたり、いつものように落ち着いてまったりしてくれました。

久々自発的に扉上へ

 今日は二羽とものケージを丸洗い。先週も日曜日だったなぁ。ほんとは土曜日に丸洗いして、日曜の昼間に公園行けたらよかったんだけど、今日はあいにくの曇りだったし飼い主側が起きる時間も遅かったので行けませんでした。(まぁ私も不調だったし、早く起きても無理だったかもしれないな)



■部屋のあかりなど
 カーテン閉め切りばかりというのもかわいそうに思えて、今日は夕方ごろカーテンを開けてやりました。曇りで薄暗いだけ。確かに中途半端だとは思うのですが……。

■ケージから出るまで/出たときの様子
 珍しくケージ扉部まで来ており、しかも、ケージに足かけて斜めポーズになってるのに、片足上げたので腕をやったら乗ってきてくれました。キューで出たわけではないけど、自発的にステップアップできるポジションまで出て来てくれたのは5/17以来、約一ヶ月ぶりかな。

 ちょっと何かがふっきれたような顔してたなぁ。何かはわからないし、そのように見えたのは私が嬉しく感じたからかもしれないけど。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 トノではダメだったらしいので、スタンド上にて私が。昨日もちょっと気になったんだけど、少しだけど、クイクイっと受けモードになってた。うーん。やっぱり、どうにかしてトノが与えるようにしたほうがバランスとれる気がする。

■廊下でのステップアップ訓練
 普段のステップアップ&ダウン、トノのキューを無視しがちに思えたので、廊下で1on1で4回やってもらいました。3回目までは、片足のせて様子(トノの顔? それとも私の居る方向?)を見てるだけ。二回キューしてようやく乗る、といったかんじだったようです。4回目は一度のキューで成功。

■まったりタイム/ちょうだいゲーム
 少し作業部屋でトノと二人きりになってもらい、その後、わたしも含めて3人でまったりつるつる。そのあと、少しだけちょうだいゲームした。

 しかし、二度目のパスあたりでエグエグ前の「あーくーしゅ?」が始まった。昨日と違って、今日はなかなか靴下を返してくれなかったけど、吐き戻しとかせずになんとか落ち着いてもらった。

 エグエグしはじめるのが早くなってる気がするので、もう「ちょうだいゲーム」は、しないほうが良いかもしれない……。



 なでなでしてると、「随分慣れたもんだなぁ」と感慨深くもなります。どうにかしなきゃと思い、行動しはじめた4月中旬頃は美白ポイント触らせてくれるなんてありえなかったし、噛むといえば、威嚇とか強噛みしかなかった。それが、初めて美白に触れたのが4/28。スタートラインが低めなこともあってか、キウイがほんとに良い子だからか、5/17までは思いのほか順調な印象だったなぁ。

 今日は自分からステップアップポイント(扉上)まで出て来てくれたけど、明日からも出て来てくれますように。

ハトの帰巣本能こえー

 先日のドバトの件。まだウチのあたりをうろついてて、同じ場所に巣を作ろうとしてた(こないだのタマゴとうちの鉢と巣は見捨てられたのは確定。ごめんよ、うちだけの都合で拒否してるわけじゃないんだわかって……くれないよなぁ)。

 困ったなぁ。カラスの声で撃退とか色々やってみたけど、明日も来るんだろうか……これ以上心配事のタネ増やさんとってくれ……。



■部屋のあかりなど
 昨日同様。部屋のあかりをつける時刻を遅らせたぐらい……。

■ケージから出るまで/出たときの様子
 今日はほんとに手強かったというか。私たちがしてることに興味あるって顔してんのに、「出ないもん。絶対、出ないもん」というオーラ。最初放置してたんだけど、時間もあることだし、止まり木べたべたしてみたけどこれが無効、ハンドトイいじっても無効、スタンドべたべたも無効。

 どうやら、私だけが「ィヤッホーイ」とか騒いでも無駄みたい。トノの騒ぎようとの相乗効果で焦りを感じて私のところに来ようとするかんじ? それとも、単に、私とトノが仲良くしてる様子を見るとヤキモチで出てくるのか? 明日はヤキモチなのかどうか確認してみようと思った。

 しかし何故出てこないんだろう? 今日はヒナモードになったけど、発情はしなかったのに。奥へ誘ってるわけでもないみたいだし(だとしたら、トノが来たら攻撃するか威嚇ぐらいはするでしょ? 私のときと同じく奥に行ってしまうもん)、一体何が気に入らないんだーーー!

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 スタンドにてトノがやろうとしたけどだめだったらしいので、私が。

■バスルーム水浴び
 これが嫌いなんだよねぇ。汚れてた尾羽だけ、水をかけたぐらいです。結局、浴槽には入りませんでした。他のところはスプレーで。スプレーにはだいぶ慣れてくれてる。特に記述はしてないけど、スプレー水浴びは時々やってます。

■普段のステップアップ&ダウン
 なんか……今日もトノのキュー無視してた。これはもしかすると、好意がわたしのほうに傾いてるのかもしれない。明日はちゃんと訓練しないと……。

■まったりタイム
 作業部屋にてまったりつるつると。白いとこ触ってたらヒナモードになっちゃった。ちょい痛かったけど、キウイも「思わずやっちゃった」って顔してた。キウイはトノに対しては、よく「へな~ん」と垂れてくるくせに、一度もヒナモードになったことがないなぁ。逆に私に対しては、あまりトロトロに垂れることはない気がする。

■ながら放鳥/ちょうだいゲーム
 トノ、トレイ洗ってくれたり、わたし、洗濯物たたんだり、キウイ、ぽーっとしたり。靴下たたんでると、ちょうだいゲームしたそうな顔してたんで、ソファんとこで二人でちょっとだけやりました。

 ちなみに、キウイはエグエグする直前には「あーくーしゅ?」と言います。何故そう言うようになったのかは謎なんだけど。で、少しちょうだいゲームしてると「あー」と言いかけはじめたので、その靴下は「ちょうだーい」「ハイ!」と返してもらいました。

 あと、尾などの毛並みを整えてやって、今日はおしまい。

暇なのに余裕はない

 暇なのに心の余裕はない。そんな今日この頃。

 昨日メス&卵ごと移動させたドバトですが、今朝ペアで鉢=巣のあった跡地を見てたようです。ハトよけテープみたいなのを手すりに巻いてもらいましたが、効果あるんでしょうか。昼以降は見かけませんでしたが、巣は2F公園に鉢ごと移動させたのに朝きっちりウチに来てるなんて、恐るべし帰巣本能。でも、ペアが散り散りにならなくてひとまずよかったかな。(たまごのほうは……、ペアが朝来てたってことは、巣ごと見捨てられてるんじゃないかという気がするけど……)



■部屋のあかりなど
 昨日同様。カーテン3/4開き、16時ごろにカーテンを完全に閉めて、17時頃には部屋のあかり点灯。←これもやめたほうがいいんかなぁ……。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 ケージの止まり木のとこで、トノが与えました。

■ケージから出るまで/出たときの様子
 トリチャンにおリンゴもってきたときに、めざとく欲しがり、トノを足場にスタンドへ。リンゴ、おいしそうに食べてました。今回のリンゴは味が薄かったけど。

■ステップアップ訓練
 トノから私、私からトノ、を2回ずつやってみました。うーん。3回目の、私からトノの腕へが無視されぎみだったかな。概ねおっけーだけど。表情としては別段反抗する気満々というわけでもないけど、「僕の言うこともわかってよ~」というかんじかなぁ。しぶしぶ、といったところか。

■まったりタイム
 ケージの見えない作業部屋でまったりすることにしました。でも、あんまりウットリするほどではなかったです。窓半開きだったんですが、そこから聞こえるカサカサ言う音が気になったのかな。

■ながら放鳥
 トレイなど掃除してもらってる間、スタンドへ。そのあと、またソファでまったり。



 今日は一度も求愛されなくてよかった。不機嫌ってわけでもなさそうだったしね。

6/12(木)のキウイ

 キウイが何に対して吠えてるのかわからないと5/24には書いてたけど、どうやらハトがショウルーム感覚でうちを様子見してたんだろうな。その頃あたりから、今日書いたドバトのペアが来ていたんだろうね。キウイの窓からだと、あの位置に来られたら案外近くに見えるんで。



■部屋のあかりなど
 昨日同様。昨日よりは少し開いてる部分を狭くして日の入りを悪くしてみたかんじ。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 ケージの止まり木にいるときにトノが与えた。

■ケージから出るまで/出たときの様子
 トノが応対しても出る気がないらしいので、しばらく待つことにした。昨日と同様、特にトノを攻撃するわけでもないけど、なんか奥に引き蘢るみたい。(ちなみに、私に対してエグエグしだしているときは流石にちょと攻撃的。しばらくすると、気も納まるのか言うこときいてくれるようになるけど。)

 タオルにクイクイするのが良くないと思い、全て取り払った。以前のように勢い良くケージの上には昇らないけど、それでも昇った。それでも放置。

 そのうち、私が洗濯物をたたんでいると、気になるようで、「辛抱たまらーん!」という顔でトノを足場に(キューなしで)ソファに来た。洗濯物が気になってるというより、ちょうだいゲームでもするつもりのような気がした。

■ちょうだいゲーム
 なので、ちょうだいゲームをしてみた。しかし、興奮しすぎて、やっぱりエグエグしそうに。ゲロは出てないけど、あの酸い~匂いはしていた。このままではいけないと思って、靴下ボールを下げて、スタンドに行ってもらった。

■しばし、ながら放鳥
 洗濯物たたむのに集中。トノも何かに集中。キウイはスタンドでまったり。

■普段のステップアップ&ダウン
 概ね良好。ただし、私の上に居るときにトノがキューしても聞かないことがある。今日も一度そんなことがあった。

■ステップアップ訓練
 今日はなし。

■まったりタイム
 ベッドルームだと何か気が散るのかまったりしないので、作業部屋でつるつるしてやった。尾羽根の先がちょっとフンが付いてガビっとしてたので、明日あたりバスルーム水浴びやね。今日はもうこっちがしんどいんで。

 目がかゆかったので、ゴシゴシこすってたら、キウイが「ウゥ~ン」とか言って、先日のようにチュウしてなぐさめようとしてくれた。けど、そのあと目を輝かせてエグエグしだしたので、またご遠慮いただいた。



 しかし、急に日照を減らしたところで、発情は納まらないものなんでしょうか? 徐々に落ち着いてくれるのかなぁ。。。

ハトの巣をハトごと移動

 証拠はあがってるんですよ。

 見事なまでに荒らされ、無惨な姿になったメキシコ万年草。
荒らされた小庭

 で、うちの空いてる植木鉢に、その草使って巣を作ってしまった……と。
ハトの巣

 この巣に気づいたの今日の夜。6/8(日)にケージの丸洗いをしたときには無かったので、ここ数日の間のことだと思う。



 このごろ我が家にハトがよく来てるなー。こんな超高層階によく来るもんだなぁ。確かに外敵が少なく、穏やかムードで植物も豊富。お隣さんは花やってるしね。去年は別の種類の鳥が巣作りのために下見してたし。

 しかし、今度はドバトのペアです。ハト=帰巣本能。うちのキウイがアスペルギルス撲滅作戦をしている以上、換気のときにフンが害するかもしれない。と思うと、これはまずいんじゃないの~?

 しかし、作業部屋にいても声がきこえるのに姿が見えないなぁ。と思ったら、そっち側に居たのねぇ。アップで入るように望遠で撮っちゃろ。(……ってな軽い気持ちも、夜にはぶち壊しになったわけですが)
はと1

 これ、ベッドルームの窓から見た視点なわけですけど、角に風よけネット張ってるんです。そこに空いた鉢を置きっぱなしにしてて……。その鉢が結果2枚目の写真ですが。

 で、目の前で交尾。

 え、ちょ、巣は近くにあるの? これは、あやしい。とは思ったものの、トノにハトよけグッズ帰りに買ってきてもらって、帰ってきたら設置してもらおう~ぐらいに思ってた。

 そして、夜。トノが帰ってきて作業しようとしたら、なんと驚愕の事実。すでに巣は出来上がっており、卵も抱いてると。2枚目の写真が全てを物語っています……。

 巣を撤去するといっても、もうたまご抱いてるし……。

 というわけで、鉢ごと、ハトごと、卵ごと、1Fの茂みに強制移動してみました(トノ、心からごめんっていうかんじで忍びない思いだったのに、私のかわりに敢行してくれてありがとう)。



 しかし、この後、このペアはどうなるんだろう。夜たまごを抱いていたのは多分メスのほう(写真奥のやつがメス)。ハトのペアは一生連れ添うものだときいたことがあるけど、こんなかたちで知らん間に移動させられても、夫のほうはちゃんと気づいてくれるかなぁ。かなり高度差があるけど……位置的には真下に置いてくれたらしいので、鳴き声で判別できるのなら一番見つけやすいとは思うんだ。たいがいの音はこの位置まで抜けてくるし。1Fで犬が鳴いても聞こえるし。

 というか、……他に良い方法も見つからなかったし……。

 うちの子たちが元気でその場所でなければ影響なかったかも。でも、やっぱりご近所のことを考えると迷惑になるだろうし、フンのことだってそのままではいけなかったはずだ。他人事みたいで申し訳ないけど、ドバトのペアさん、その鉢はあげるから、なんとかペアと巣を見つけ出して元気に育ってってください……。

求愛が多くなってる

■部屋のあかりなど
 朝からカーテンは半開き、夕方の16時ごろに部屋の電気をつけておきました。それまでは日は入るものの、いつもより部屋全体は暗めなので、こんなかんじで良いのかなぁ。

■ケージから出るまで/出たときの様子
 キウイが一筋縄ではケージから出てこない件。今日は、私が出そうとしたところやっぱり奥に行ったので、トノに出してもらおうとしたところ、反応は似たようなもので、というか同じだったらしい。

 こういうときのキウイの顔、別段不機嫌そうでもないし、かといって機嫌が良いというかんじでもない。

 しばらく放置しても出てくる気配がない。時間の都合があるし、あまり遅くまで待てないので、今日はスタンド(ケージ外のもの)をつるつるしてみた。これも興味を引いたらしい(キウイから見えるところで、何かを一生懸命いじると気になるのは確からしい)。ここで、トノが横からやってきて、変に騒ぎだして、それでキウイが気になる私のほうに来たがって、いつものポジションにきて自分の意志で(キューなしで)トノの腕に乗って、私のいるスタンドに来たというかんじ。

 「たまらなくなって来た」のは解るんだけど、どういう心境かは計りかねる。スタンドに来た時のキウイは、「ウァォ~」と少し吠えて、まっすぐに私を見ていた。「何かあったの?!」という心配そうな顔にも見えなくもないし、あるいは「これ僕のだから!勝手にいじらないで!」という顔に見えなくもないし、「そういう遊びなら混ぜてよ」という顔に見えなくもない。

 来させるときのトノの騒ぎようが焦らせるかんじの音声だったので、今度は騒がないようにしたらどうか、やってみてもらおう。

■投薬(ジュースを混ぜてます)
 昨日書いたようなことを思ったので、トノに投薬してもらおうと思って別室に行ったのですが、受け付けなかったようで、結局、わたしが与えました。本当に喜んで飲んでいるので、これ以上発情を誘発しないためにもわたしが与えるべきではないと思いました……。

■普段のステップアップ&ダウン
 良好。でも今日は、スタンドにいるときにトノがキューしても3回ぐらい無視されてました。最終的にはちゃんと乗ってましたが。

■まったりタイム
 トノがトレイなどを洗ってくれてる間に、作業部屋で二人きりになってみました。そうすると、急に顔色がかわって顔をぴったり寄せてチュウしはじめました。与えるモードになったり受けモードになったり……これがいわゆる発情かと思います。以前にもありましたが、それは与えるモードだけでした。受けモードにもなる発情は、最近になって気づきました。

■肩の上に昇る件
 今までの「怖いときに昇る」は、今は、まずほとんど無いです。ただ、最近は、上機嫌なときに昇るなぁ……とは思ってたんですが、今日などは私にチュウしたり顔をぴったりしはじめるたときに肩まで昇ってきて(これが上機嫌だと思ってた)、とにかくぴったりしたいようで。求愛でマウントしているつもりかもしれない。これも絶対許したらだめだと思った。

■体重
 昨日計ったのを書くのを忘れてました。1.4kgで安定しています。



 時々上機嫌なときはあったけど、それがここまで発情と確信を持てるほどになったのは、よく思い返してみても、ここ3週間ほど、つまり、彼が出てこなくなった時期とほぼ同調していると思う。

 けれど、トノが出そうとしても、特にトノを攻撃するわけでもないため、発情としてはそんなに重症ではないとは思う。

発情絡みなのかも?

 最近ケージから出てこないキウイ。普段の様子で気づいたことをいくつか書き出してみる。かねてから相談に乗ってもらっている元ショップ店員でオウムを数多く扱った事のあるぴろりさんとのメールのやりとりで気づかされた点として、もしや、縄張り意識の問題ではなく、発情絡みの問題なのかもしれないと思ったもので。

●ケージから出てもらう時にケージにかぶせているタオルに対して、クイクイっと受けモードになることが多くなってきた。

●夜3人でケージ外でまったり中や、ケージごしにカキカキしたりするとき、ごく短時間だけどヒナモード(受けモード)になる頻度が多くなってきた。

●ちょうだいゲームで使うおもちゃが布モノ(ヒモつきだったり靴下ボールとか)のとき、受けモードになる率が非常に高い。

●その延長で、何度かやりとりしていると、興奮して与えるモードになりがち。

 与えるモードは今日もなった。度々なっているけど毎日じゃない。記録してなかったけど、なるときは一日に2度ぐらいはなるし、ならないときは一度もならない。あと今日は何かの拍子に喜んだのか、突然チュウしてきてオエオエしそうになってた。控えてもらったけど。

 今日もケージから出る気なさそうだったんだけど、放っておいたら、ケージの扉上まで来ていたので、私が行って腕にのせようと近づいたら、ずんずん奥に戻っていく。これ、もしかすると発情なのかも……と。未体験ゾーンなので詳しいことは知らないけど、イメージで言うと、巣引きしようと奥に誘ってるつもり? とか

 だとすると、あまり親しくしないほうが良さそう……。

 ジュースをまぜたお薬を与えるのも、本当に喜んでるかんじがするので、今後わたしは投薬しないほうが良いのかもしれない。

 あと、日照時間が長くなってきたし、日の当たる時間を少なくする方向性で考えていけばいいのかな。ということは、今はケージは窓際にあるんですが、奥に移動させるとか、陰りのあるポイントにするとかかなぁ。少し調べたところ、ケージを置く部屋を移動させるとか、日の当たる時間帯を14時~16時までぐらいにするとかいう情報もあったりするので。少ないんじゃーとか思ったり日光浴不足の心配もあるけど、ひとまず明かりをつけっぱなしという状況はやめて、暗い時間を多くするようにしてみようと思う。



 きょうは訓練はなしです。疲れたので、今日はここまでにします。もし、これを読んだ方で、違う見解や、私がやろうとしている方法に異論などありましたら、是非教えてください。

今後どう接したらいいのか……

 今日もまた扉を開けると、ケージの奥に行きたがって、少しも出てこない。かなり待ったけど、出る気は全くないようだった。でも、私たちは出て来てほしいので、止まり木べたべたで出て来てもらいました。

 今日わかったのは、トノがやるよりも私がやるほうが効果があるってことです。これが何を意味しているか考えてみたところ、対等か下でいてほしい相手が、自分のテリトリー内のものを好き勝手しようというのが気に食わないんだと思うんですが、みなさんはどう思われますか。

 まぁそんなこんなで扉上まで来てもらって、イスの上に昇って上から目線でキューすると一発で来てくれました。

 あと、気になったこと。トノが掃除してる最中に、私と二人きりで別の部屋に行こうとすると機嫌が悪くなり、首のとこ、つままれました……。掃除してる音がしてテリトリーをいじってるのがわかるからでしょうね。

 この子の問題は「縄張り意識が強すぎること」なんだな、と改めて思う。縄張り意識をどうにかして薄めたい。どうしたらいいんだろう。縄張り崩しは最初はうまいこと行ってたんだけど、今は停滞している。以前よりケージに関しては強く主張しているようにも見えます。それは逆に、ケージ以外の部分においては縄張り意識が薄れたためで、ここを死守したいという気持ちからそうなるのかも、と思う

 だとすると、……どうしたらいいんだろう。

 彼の縄張りをこれ以上侵害せずに、単に命令を聞いてくれるように訓練するのか?(訓練自体に死闘が予想される、これによって関係悪化も考えられる)

 あるいは、縄張り意識自体をこてんぱんにするのか?(ケージへの安心感なども一緒に失われる?)

 いずれにせよ、これからどうしたらいいのかわからなくなってきた。

 私は単に手乗り(というか腕乗りだけど)として一緒に遊んでほしいんですが。



 追伸。
 今日は靴下をたたんでいるときに、靴下にじゃれてきたので、手と入れ替えると、ヒナモードになってくれました。

 まったりモードにも応じてくれたので、止まり木を触ったことに関して、そんなに根に持っているかんじでもなかったです。

 以下、トノ撮影。このオモチャは案外と丁寧に扱っている模様。
1kiwi_06-09-2008

2kiwi_06-09-2008

天岩戸ではなく縄張り荒らし?

 寝ても覚めても何かを考えている状態ってしんどいです。



 さて、今日のキウイは、昨日の疲れもあまり残っていないようで、いつもとそんなに変わりない様子でした。

 ケージから出るとき、いつものように苦戦しているわけですが、今日ふと気づいて確信を得たことがあります。それは、「自分のモノをいじられると(多分カンに障って)寄ってくる」ってことです。というのも、ケージに取り付けてある止まり木をべたべた障って「ィヤッホーイ」とか言ってたら降りてきたんですよね。で、何度か試してみたけど、やっぱり何度やっても止まり木を目の前でいじられると降りてきます。キウイのテリトリー内のものなら、何でも良いようで、ふくろに入れていたハンドトイを取り出してちらつかせても同様です。

 てことは、今まで、天岩戸だと思ってたことは、むしろ、彼にしてみれば「縄張り荒らし」されてるのに近い心境だったのかもしれません……。どおりで、引き出しからおもちゃを出して天岩戸のつもりで騒いでみても「ふーんこんなもんか」と慣れをみせはじめていたわけですね……。

 これからどうしよう。止まり木ベタベタ作戦は今日の様子だとまだ使えそうだけど、そんなやり方で出て来てもらうのも教育上どうなんだろう?



 まぁ、とにかく、止まり木をべたべたいじると降りてきたので、今日はそこからなんとか機嫌をとるというか誤摩化すというか、そんなかんじで出てもらいました。

 そして、きょうは、昨日の嘔吐物がまだついてるかもしれないので、浴槽に入ってもらって軽めに水浴びさせました。足、真っ赤になってたのに、既にだいぶ落ちてました。でも、翼に少し付いてたのを見落としていて、後でカリッとして取ってやりました。

 その後、リビングのスタンドでりんごジュース配合で投薬。あと、リンゴをむいてやりました。でも、今日のリンゴはあんまり甘くなくて、ちょっと若いかんじだなぁ。と思って、一緒に食べていると……ポイっと。「中においしいとこあるかな~と思ってむいてみたけど、やっぱりおいしいとこ無かった」という、まずい時の様子です。ほんとにグルメな鳥たちだなぁ。トリチャンも如何せん食いつき悪いし……。まぁ、二三日もすればもう少しおいしくなるでしょう。多分。

 それから、作業部屋で少しまったりモードで。このごろは、白いところを触ってもあまり怒らない日が多く、時々は彼なりにヒナモードにもなってくれて、前とは比べ物にならないほど仲良くなれたなっていうかんじがあります。

 一応ステップアップ訓練もしました。今日は、イスに座っているトノの腕に乗っている状態@作業部屋で、お相手は全てわたしで行いました。4回とも上出来で、一回目のキューで成功。反抗もなし。いつもながら「ウァォ~」とちょっと不満げな声を上げてました。ほんとは不満なのかなぁ。



 追伸。今日ケージの丸洗いもしました。

二羽の通院日

 きょうは、鬱と体中の痛みを押して、午前中からキウイとトリチャンを連れて某動物病院に行きました。キウイはアスペルギルスの再検査のため採血/レントゲン、トリチャンは健康診断が目的です。きょうは二人ともさぞ疲れたことでしょう。今日はゆっくりしてください……。私も早く休みたいです。

続きを読む

新しいおもちゃが届いたり

 今日、いつもお世話になっている元ショップ店員でオウムを数多く扱った事のあるぴろりさんのネットショップで購入したオモチャが届きました。どれも丈夫そうです。キウイも、それぞれ気になっているようでした。早速、いちばんでっかいのを破壊しはじめたり、チェーンのあるやつをどうにかしようとしたり。

 バルサっぽい木材はコンゴウだとすぐ壊されちゃいますね~。でも、マンザニータはどうなるか? 今回もコカトゥビーズの入ってるものがあるので、普通のプラスチックよりはずっと長持ちする予感。

 ひととおりおもちゃを確認させた後、ひとつだけ紙袋に入れときました。最近はワインのコルクをよく洗って入れておいたりしてたんですけど、見事、袋ごと全壊だったりします。



 今日もキウイは頑固にケージの奥に留まろうとしてました。新しいオモチャを見せて天岩戸してみたけど、それでもなかなか来てくれません。ようやくチャンスが訪れ、トノが連れてきた後は、新しいおもちゃに上機嫌なのか私にチュウしまくりで、段々と吐き戻しの匂いがしてきたり(なんか、シリアルにヨールグトかけてまぜまぜしたみたいな匂いしますよね)。正直くっさいので少しご遠慮していただき、スタンドに行ってもらったり。その後、作業部屋でナデナデしたり、ヒナモードにしたり、いつもどおりまったりしてからケージに帰ってもらいました。

 きょうは訓練は無しです。

 明日は、キウイの再検査と、トリチャンの健康診断のため病院に行きます。午前中に来てほしいと言われてるのでそのつもりだけど、わたしがちょっと……大丈夫かなーというところ。

キウイはやさしい子やな

 ケージの止まり木にて投薬。しばらく放置でも来ないので、靴下ボールで天岩戸作戦でケージ外に出て来てもらった。少しちょうだいゲームをした後、なでなでしたり、まったりタイム。そのとき新聞紙の件で実家に電話をかけた。長話になり、途中で電話しながらキウイをヒナモードにしたりしたものの、けっこうな時間になってしまったので、電話終わらないままにキウイをケージに帰した。

 その電話の最中にキウイをなでなでしているとき、私の様子がいつもと違うふうになったのを見て、キウイはすぐそばまで来て、こっそりチュウしてくれた……。あと、ちょっと音マネしてたな。シャーっという威嚇みたいな音で実は怖かったんだけどw、あれは、私が鼻をすすってる音のマネだと今日気づいた。こんなカーチャンでごめんな、キウイ。なのに、やさしくしてくれてありがとうな。

6/4(水)のキウイ

 トノ撮影。
06-04-2008

 投薬はケージ扉についてる止まり木の上で。出るときは、しばらく待ってみたけど今日は扉上にも扉についてる止まり木にも落ち着かず、ケージの奥にばかり行くので、天岩戸作戦で出て来てもらいました。少し、ちょうだいゲームをした後、まったりしました。掃除の後、廊下でステップアップ訓練を4回。すべて1回目のキューで成功し、特に反抗もなく、本人は何をしたらいいかわかってる様子でした。

 このブログ、キウイのことばかり書いていますが、トリチャンも元気にしています。厳密に言えば、彼もケージからのステップアップをキューでしているわけではないですが、なんとかうまいこと関係を保ってると(私たちは)思ってます。



 家族の中では、わたしだけがこのところ不調です。何かを一週間休めばなんとかなるような病気でもないので、ひたすら騙し騙しやってます。毎日つらくてどこかに逃げられるものなら逃げたいと思っているのは、キウイのことと無関係ではありませんが、キウイのせいではありません。私の問題です。オープンではここまでしか書けません。どういう状態にあるかはお察しください。
プロフィール

ねりえもん

Author:ねりえもん
 元々はうちのコンゴウインコ「キウイ」との訓練の話を記録しておくために開設したブログです。コシジロインコ「トリチャン」の話、キバネインコの「シトリン」の話や、ゲームの話なども書いてます。

●文中に出てくる家族たち
・トノ
(夫=私の神サマ)
・トリチャン
(コシジロインコ♂/享年10歳(約9歳))
・キウイ
(コンゴウインコ♂/今年で8歳)
・シトリン
(キバネインコ♂/今年で2歳)

[written in japanese only]

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。