スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月14日 トリチャン急逝

 こちらではご報告が遅れてすみません。

 トリチャンの調子が良くなさそうだということに13日の夜(14日の早朝4時ごろにこちらに記入)気づいていながら、14日の朝8時の時点で病院に連れて行くことになり、当日、信じられないほどみるみるうちに衰弱し、ICUに入れて手を尽くしていただいたのですが、正午ごろ、永眠しました。

 経過、死因、お葬式のことなどmixi日記(友人限定)に書いていますので、読める方は読んでいただければ、その日の詳しいこと等々がわかっていただけるかと。

 こちらでは死因(の予想)を簡単にご報告します。

 トリチャンは何年も前からやせすぎで、どう工夫しても、体重がなかなか良い値にならず、胸筋も発達せず、竜骨がゴツっと出っ張っていました。この原因は、はっきりしたことはわかっていないけれど、今回の説明だと、造血や、消化に関する内臓疾患(ことによれば先天的なもの)の可能性が高そうだと思いました。解剖に出していないため、本当の死因はわかりません。ですが、明らかに彼は内蔵をいわしていたのです。それなのに、私たちが何度も検査をお願いしたけれど結局見た目は元気だからということで、誰にも精査はしてもらえなかったし、私たちも医者がそう言うのだから大丈夫だろう、ただの消化不良で、エレンタールを食べさせていればやがて治る……そんなバカなことを続けていた。だから、トリチャンは死んでしまったのだと思います。

 いわば、私たちのせいなのです。トリチャンが死んでしまったのは。彼は22日で9歳になるところでした。約9年の間、私たちとともに生きて、しあわせだったと信じています。ですが、ですが私たちの健康管理は行き届いていなかった。そして、どの医者も、私たちも、誰ひとりとして見抜けなかった。彼が、相当な年月、ひたすら病気を隠していたことを。

 ……。

 トリチャン、ずっとずっとありがとう。本当につらかったね、しんどかったね、気づいてあげられなくて本当にごめん。謝ればすむ話ではないけれど。こんな私たちのことをずっと愛してくれてありがとう。いつも私たちはトリチャンを最大限に愛し、妥協せずベストを尽くしてるつもりでいた。けれど、そんなのいいわけにしかならない。もっと医者に強く精査を懇願すべきだった。隠してるってことに気づけたらよかった。でも、できなかった。それがすべてです。

 私たちは、彼を失ってはじめて、本当の悲しみというものを知りました。
スポンサーサイト

トリチャンまたもや不調か?

うーん。トリチャンのことだけど……
昨日、目の色が若干色あせて見えたのです。
あんまり食べれてないみたいだったし、
心配だから、今週の土日のどっちか、病院に連れていきたいなぁ。

ついでにキウイもつれてって、健康診断もしたらいいんじゃないかな。
アスペルギルスがまた出てたらいけないし。

ほんとはツメ切りをしてもらいに、こんぱまるに行くつもりにしてたけど、
クリップはともかく、ツメ切りだけなら病院でもしてくれるんじゃないかな。
あーでも慣れない人がやるのと、毎回いる怖いおねえさんにしてもらうのとでは
まだお店の人のほうがマシかもしれないなぁ。キウイ的には。

両方行くのは二羽に負担かかりそうだからやめときたい気がする。
そうでもなければ、病院と、お店と、両方つれていきたいなぁ。。。

あれから10日余~トリチャン近況

 もう見た目にはすっかり元気になったトリチャン。体重は毎日朝と夜はかっています。日々、朝の体重が1gずつ増えて、順調に回復していってるのだと思います。でも、まだ細菌が消えてない可能性もあるので、薬がなくなったら病院につれていき、検査をしてもらいます。そのとき細菌がすっかり消えていれば、それでいいし、もし消えてなかったらまた投薬を継続するといいかなと思ってます。

トリチャン回復してきたかな

 いまはかったらトリチャン150gまで回復してた。見た目も赤目が少し濃く戻ってきたし、エレンタールもりもり食べて、おもちゃでも遊んで、ちょっと元気そうに見える。

(続々4)トリチャン不調

 いまはかったら139gでしたが、前日と比べて大差なかったので(あと、朝とくらべてだと、+5gと増えているので)、きょうは通院はせず、このままエレンタール粉末とジュースを自力で食べてもらうことにした。

(続々2)トリチャン不調

 体重が143gだったので、昨日の午前中に通院して、強制給餌10gしてもらいました。夕方にも電話して様子を伝えましたが、強制給餌は次は5gになるとのことで、あと今日休診だから、とりあえず様子見てスプーンで餌を与えて食べさせてくださいとのこと。

 明後日、多分体重あんまり戻ってないだろうから、また連れて行く事になると思います。

 本人の様子は、だいぶ見た目も元気そうになりました。細菌も、最初はカンジダとか居たのですが、無くなったぽいですし、着実に回復していってるのだろうと思います。きょうは、家でゆっくりしてもらい、リンゴジュースとエレンタールを時々与えることにします。

p.s.
 そういえば、トリチャンの目の赤い部分に変化が……。赤いところが、ちょっと白っぽいというか、色が抜けているようなかんじになっています。体調を崩すと同時に通院しているので、体調を崩すと退色するのか、薬を飲むと退色するのか、どちらかはわかりませんが。

(続々)トリチャン不調

 今朝も少し吐いてた。体重、夕方測ったら142gまで落ち込んでいたのですが、病院は閉まっていたので明日朝いちで連れていくことにしました。

 今夜しのいでくれたら、明日、強制給餌してもらえる……。

 私が強制給餌ができないまま、こんなことになってしまって……。もっとしっかりしないと。でもどうやっても導管できない……。誤飲で死なせてしまうかもしれないと思うと、思い切ってやることができないのです。キウイの挿し餌も多分ものすごくへたくそだったんだろうなと思います。食べたいというキウイ自身の力によって食べてもらえてただけで、本当は私がコントロールなんてできてなかったんだと思うんです。

 トリチャン、明日の朝いちばんに連れて行くから、がんばって……。
プロフィール

ねりえもん

Author:ねりえもん
 元々はうちのコンゴウインコ「キウイ」との訓練の話を記録しておくために開設したブログです。コシジロインコ「トリチャン」の話、キバネインコの「シトリン」の話や、ゲームの話なども書いてます。

●文中に出てくる家族たち
・トノ
(夫=私の神サマ)
・トリチャン
(コシジロインコ♂/享年10歳(約9歳))
・キウイ
(コンゴウインコ♂/今年で8歳)
・シトリン
(キバネインコ♂/今年で2歳)

[written in japanese only]

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。