FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

!】ハーネスokかよ

 24日(木曜日)の昼間。キウイ連れで、こんぱまる大阪店の店長・サンガさんにトレーニング等々相談にのってもらいました。というわけで、今日の出来事と教えていただいたことを以下に記しておこう。(↓携帯で撮影。ちょと色が変ですが、疲れてたもので……すません)
こんぱまるにて



 相談&トレーニングの前に、まずはクリップ。
 クリップの仕方を見ていると、風切は、外側2枚を少し長めに残し、あと6枚ぐらい、おそらく初列風切羽を次列風切羽との境目と思われる部分まですべてを、初列雨覆いの少し先まで、一枚一枚丁寧にクリップ。ちなみに、後で、爪切りもしていただきました。

 いや~、いきなり見事な保定に脱帽です。流石! 片手で頭を(ねじらないように)しっかり掴み、もう片方の腕で翼を覆い込むようにして、がっちりとHOLDしてました。爪切りもクリップも店の人2人がかり。うちもあれぐらいビシッとできるようになりたいなぁ。

 ちなみに、サンガさん曰く「キウイ君、わりと大人しい子ですね~。もっと暴れる子も多いから、どんな子が来るのかと思ってたけど~(笑)」とのこと。そっか、実はキウイ大人しい子なのか。

 それから、うちはかくかくしかじかでーと説明して、ステップアップ・トレーニング&肩の上に昇らせない訓練を始めました。

<ステップアップ・トレーニング>
1. まず鳥をスタンドに乗せ、正面同士で行う。
2. 「ステップアップ」と言ってから、腕を、鳥のお腹につけるぐらいの位置で差し出す。
 ※GM星野さんからの追加アドバイス:ステップアップ!と言ってから、1、2、3、ぐらいで腕を出す、つまり「本人に考える時間をあげると良い」とのこと。
3. ちゃんと出来たら、ナデナデして褒めてあげる。

 このときのポイントは、
●もし、乗らないようなら、足を木からはがして無理矢理にでも腕に乗らせる
●この訓練を開始したら、必ず腕に乗るまでやり通すこと。どんなに反抗的な態度をとられても、ガブられても、途中で止めたり退場したり、引き下がってはいけない

<痛いぐらいに噛まれたときの対応>
 コンゴウインコの場合は、痛いほど噛まれたら、必ず「押し返す」の一択しかない。どんなに痛かろうが、絶対に、引いてしまったらダメなんだそうです。こーれが難しい! ひたすらミスしないよう努力するしか

<位置関係>
 まず、うちの現状の問題は、肩の上に昇ってしまうこと。これは絶対ダメですな。ってことで、もし、肩に昇ろうとして衣服にクチバシをひっかけてきたら、ぐっと頭ごと押さえ込んだりして外して、鳥の顔が必ず自分の顔よりも下にあるという状態にすること
 こうしたときに、
●うまく腕に収まることができたら、ナデて褒めてあげる
●もし、失敗して肩まで来てしまったら、スタンドに戻ってもらう
強く噛まれた場合は上記のとおり、気合いで押し切ること

 あと、これはGM星野さんがおっしゃってたことですが、時々は「スタンドに乗ってる鳥を、単に真上から見下ろす」ことも、位置関係を明らかにするのに良いとのこと。

 色々話しながら様子を見てると、「もうヤだ~逃げる~」という気分のとき行こうとする先=逃げ場は、やっぱり私みたいです。つまり、現時点では、最もナメられてるのが私ってことですね(苦笑)。ただ、サンガさんがおっしゃったように、そういった様子からして、私を信頼しているようなので、単純に、キューとそれに対する行動を訓練されてないがために、まだどうしていいか知らないだけで、これから地道に訓練していけば、出来るようになるんじゃないかなぁと思ったよ

 これらのトレーニングは、あまり根を詰めてやらずとも、一日4,5回程度でいいとのこと。また、GM星野さんいわく「彼らは本当にかしこいから、週に4日とかでも大丈夫ですから。」とのこと。



※ここの部分で4/25/2008追記。
 正確には「しつこくしたら嫌がられて逆効果」なので、「1日のうちに1度だけ出してあげるのなら、その機会に4,5回だけ命令と反応を徹底して、それ以外は自由にまったりさせてあげたりナデナデしてあげてね。しかも、それは週7日のうち毎日ではなく、4日ぐらいでいいんだよ。」という意味であって、1日のうちに4回も訓練のためにケージから出すという意味ではありません。誤解を招くような表現をしてしまい、すみませんでした。

 また、記事下部で書いたように当日中同じことをやるという、アドバイスを無視したかたちになってしまい、それも本当に反省しています。今後は、週のうち2日ぐらいは、訓練とか何も考えずにまったりゆっくりできる日をつくってあげるようにします

 ご意見下さった方、本当にありがとうございました。私は渦中に居る身で、事実を書くことはできても、ちゃんとその自分の姿が見えない面があります。今回のこともそうです。だから、つっこんでもらえて、自分の良くないところにちゃんと気づくことができて、本当によかったです。みなさま、これからも、ツッコミなど、どうぞよろしくお願いします




 それから、訊きたいこといくつか質問。

■Q.「週に一度ぐらい、公園に連れて行くのは良いこと?」
A.「気分転換にもなるし、良いと思いますよ~」とのこと。

■Q.「この子にハーネス付けられますかねぇ?」
A.「ちょっとやってみましょうか」
 というわけで、サンガさんが早速つけようとしたところ、なんと、
 初めてにも関わらず、すんなりハーネス装着完了。
 これには全員ビックリ。というわけで、ハーネス購入です。今週、晴れて気温も良いようなら、これを廊下とか慣れない場所で付けさせてもらって、キャリーで公園デビューしてみよーう。

■Q.「この約4年間、ヒナモードになってくれないんだけど……。」
A.「もうこの子は大人だし、ずっとそうだったんなら、もうヒナ返りすることはないんじゃないかな~」とのこと。また「シリンジとか見せたり、挿し餌やり直すとかもありますけど、そこまですることでもないですしね」と。確かに。

 ジュース作戦のことも言ったけど、それが良いとか悪いとかの問題ではなく、また、信頼されてないからヒナ返りしないということでもなく、単に「そういう子」ってなんだと思いました。GM星野さんもおっしゃっていましたが、コンゴウは元々の個体差と家庭環境による習慣差が大きいので、一概にこうって言えないものだし、うちはヒナモードになってくれなくてもキウイのままでいいわ。

■Q.「ケージ外での遊び方ってどんなかんじにしたらいいと思いますか?」
A.「ケージから出たら、スタンドで少しまったりしてもらって、もし鳥が求めてくるようなら、こちらからも堂々とナデナデしまくるかんじでいいですよ」とのこと。

 これは、キウイの性格を鑑みてのお言葉かもしれないので、また違う遊びを好む鳥もいるでしょうね。キウイの場合は、オモチャでどうのこうのとかいうより、身体をあちこちナデまくるのが良いらしい。でも、遠慮がちに撫でるのはダメ。犬を撫でるかのように堂々と!

 なるほど納得。



 ちなみに、そろそろ帰ろうと準備してたとき、偶然にも、こんぱまるのGM星野さんが来られたので、声をかけてみました。相生店で偶然応対して下さり、また、その時にお迎えしたのがキウイです。星野さんとお会いできたのはそのとき以来、もう4年近くかな。

 キウイのこと、「あのときもちょっと大きい子でしたよね」って、ちゃんと覚えててくれましたよ。その姿を見て「色ツヤも良く、健康そうで~。やっぱり大きいねぇ」と喜んでくださって。

 明日、大阪ドームで開催されるイベントの準備で、堺店に向かう途中に立ち寄られたとのことで、お忙しいのにお引き止めしてしまい、スミマセンでした。でも、今日はお会いできて、お話を伺うことができて、また、あの時のキウイが今でも元気でいることを見せることができて本当に嬉しかったです。

 あ、今日ズアカハネナガを連れてきたお客さん、キウイのせいでお待たせしてしまって、ほんとにごめんなさいね。

 みなさん、今日は色々とありがとうございました。キウイもよくがんばったね!



 というわけで、今日の教訓を活かして、いつもの時間です。

■ケージからのステップアップ「できなかった=×、できた=◎」(行った者)
準備:ケージの上部に寝かせ用のビニールシート、ケージの扉部の上には寝かせ用のバスタオルをかける(私)
step1. デフォルト位置で見下ろすようにして明確に「ステップアップ」「おいで」と2回言ったが「×」(私)
step2. イスの上に昇って見下ろすようにして明確に「ステップアップ」1回目で「◎」(私)

■肩の上に昇らせない練習
 ケージから出てからは、まず、慣れた部屋(作業部屋)にスタンドを移して、ステップアップ練習。3人とも居るが、ターゲットはまず私で。

 1回目。何度目かにステップアップはできたものの、やはり肩の上に昇ろうとした。そこで、あのクチバシとわたしの右手との格闘。ガブられて右手小指の根元が裂傷流血。興奮しすぎかなと思ったので、スタンドに戻ってもらい、私たちは一旦退場(この間に傷の手当)。今日のアドバイス無視したことになるかもしれませんが、やむなく……。しばらくして2人で部屋に戻り、その後のステップアップ練習では、3回ほど頭まるごと包むようにして押し返したり。

 ここで、やっぱり慣れた場所だと良くないかもなぁと思い、練習場所を廊下に移してみた。慣れてない場所な上に少し明かりは暗いからか、お店で見せた猫かぶりなキウイになった気がする。1度でステップアップ成功、まだ肩の上に昇ろうとするそぶりはあったものの、今度は空いてるほうの腕全体で遮るだけで、左腕に戻ってくれた。そして、もいっちょ。1度でステップアップ成功、更に、しばらくは肩に昇ろうともしなかった。すごい学習ぶり! キウイ、本当にかしこい!

■まったりタイム
 訓練の後は、慣れたリビングに移動して、スタンドでゆっくりしてもらいました。
 しばらくすると、どうも私のほうに来たがっている様子だったので、ステップアーップ。今度も肩の上に昇ろうとはせず、腕で安定していた。(そのせいか、今までケージかスタンドでしかしなかったウンPを、なんと初めて腕の上でできちゃった。個人的に、彼が自分で決めた場所でしかウンPしないというのは問題じゃないか? と思っていたので、私はこれを良い変化だと思った)

 しかし、ご褒美に赤いペレットをあげるため、トノがケースを動かしたとき、不安になったようで、肩の上に昇ろうとした。2回のうち、1回は遮りに失敗したため、スタンドに戻ってもらいましたが、キウイもお疲れのようで、もうケージに戻りたがっていたので、ステップアップのちケージへ。今日はビニールシートがかかったままで、いつものルートを昇らなかったからちょっと焦ったけど、きちんと安全に入ってくれました。

■というわけで
 読んでくださった方も、おつかれさまでした。

 あ、そうだ。ケージ内のこと。
 キウイのお気に入りの止まり木は手前扉に付けてあるもので、これが正面に対して位置が横vs正面という変な位置にあるので、これは改めたほうが良いと思った。すぐにでも直したいけれど、今日はお互い疲れているので、今度の土日の模様替え作戦のときに、変えようと思う。ライブカメラで見やすいように右側はアクリル板を張っているけど、この部分も元々のケージ側網に変えるつもりです。

 それにしても……つかれた。てか、手が痛いわ~。涙

コメントの投稿

非公開コメント

are?

nihongo de uchi komenai node ro-maji de gomen.

toriaezu, hitokoto dake kaku wa.


tori mo taihen nanda na-. ganbare-!!


* nande nihongo dame nandaro.....

★わお

 え、いきなりare?ってyou...とかtheyとか続くかと思ったらローマ字かよー。スパムかと思ってビビったぜv-12

 えとね、多分、ローマ字でしか打てないのは、わおのPC側の問題やで。だって今私こうして日本語入力できてるからw

 いわゆるIMEがちょいおかしくなってるんかな。日本語と英数の切り替えする仕組みのところあるやん? そこが、いま、わおんとこ、ブラウザが英数のまんまになってて、切り替わってないからやと思うで。

 てーことで、本題レス。

 鳥も大型になると、犬並みとまではいわずとも、色々訓練しないと人間とともに暮らすのは難しくなってくるねん、っていう話なんよ。長生きするからね。60年とか言われてるし。私たちより長生きしてくれることを前提に、ちゃんと今のうちになんとかしとかなあかんねーん。

 ちょっと今は噛まれてつらいことも多いけど、キウイなら、きっといっぱしになれると思たわ!

No title

キウイちゃんもねり~ちゃんもお疲れ様。
すごいね、キウイちゃん。
ハーネスOKだったんだ!
うちもハーネス着けてお散歩がしたかったけど、超ビビリっ子だからそれ以前の問題だなぁ・・・

★さとちゃん

 ハーネスは、なかなかつけさせてくれる子はいないらしく、1年がかりでハーネスに慣らしたという方などもおられるようで。

 実は、キウイも極度のビビリ屋なんですよ。ただ彼の場合、あのときは「まな板の上のコイ状態」だったから可能だっただけかもしれないとも思えます。

 だから、次、うちの慣れてない場所に連れていってつけさせてもらおうとしても、嫌がる可能性はないとは言い切れませんね。いざお散歩となると、どうなることやら?

 というか、まず家に帰ってもキャリーから出てこようとしないほどのビビリ屋なんで、仮にハーネスつけれた、公園に着いた、としても、公園でキャリーからすんなり出るとは思えないなぁ。

へーい

今日は、打ち込めるぜっv-290

昨日は、何してもあかんかってん。うん、こっちの問題だと思ってたよ。自問自答して答えが見つからんかっただけやでv-395


って、鳥って60年も生きんのーっv-362 すっげーっv-405

とぅえるが今からそんなに生きても困るけど、30年は生きて欲しいわ。15年なんて短すぎるよね・・・・v-409

そういうときは

再起動や~!(しか思いつかない…)

何年生きるかなんて、人間と同じでわからないけど、鳥は犬猫に比べるとけっこう長生きするものらしいわ。
プロフィール

ねりえもん

Author:ねりえもん
 元々はうちのコンゴウインコ「キウイ」との訓練の話を記録しておくために開設したブログです。コシジロインコ「トリチャン」の話、キバネインコの「シトリン」の話や、ゲームの話なども書いてます。

●文中に出てくる家族たち
・トノ
(夫=私の神サマ)
・トリチャン
(コシジロインコ♂/享年10歳(約9歳))
・キウイ
(コンゴウインコ♂/今年で8歳)
・シトリン
(キバネインコ♂/今年で2歳)

[written in japanese only]

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。